怖くない!リラックスして抜歯を♪ 〜静脈内鎮静法を用いた抜歯〜

  • 怖くない!リラックスして抜歯を♪ 〜静脈内鎮静法を用いた抜歯〜

こんにちは!みらい歯科クリニックです♪

最近、問い合わせが増えているののが、『鎮静をかけて親知らずを抜いて欲しい』というもの。。。

抜歯というと『怖い!不安!痛い!』など、悪いイメージが先行し、なかなか抜歯に踏み切れない方がいらっしゃいます。特に、親知らずに関しては、抜かないといけないことも分かっているが、怖くて抜けない方も多いのではないでしょうか。また、抜歯の難易度によっては長時間の処置になる場合もあり、そうなると患者様側も術者側も辛い。。。

静脈内鎮静法とは、点滴から鎮静剤と呼ばれる『眠り薬』を投与し、患者様が快適に治療が受けられる状態を作り出す事を目的とした処置法です。

Q:どんな人に適応ですか?

歯科治療に恐怖感が強い方、長時間口を開けておくことができない方などに適応となります。また、嘔吐反射が強い方にも効果があります。鎮静剤は嘔吐反射抑制作用がありますので、鎮静剤を使う事により嘔吐反射をなくす事ができます。

Q:鎮静法ができない人はいますか?

小児(当院の基準は15才以下)、妊婦、鎮静剤にアレルギーがある方、悪性高熱の素因がある方はできません。

Q:痛みは感じませんか?

痛みは感じます。全身麻酔ではないので、鎮痛剤も補助的に投与するだけです。鎮静法はあくまで眠らせるだけで、痛みを感じると目覚めるようにあえてしています。痛みを取るのは歯医者さんでよくやる局所麻酔になります。しっかり局所麻酔も効かせることで、快適な鎮静治療が行えます。

Q:処置中はどんな感じですか?

例えると、『お酒に酔って眠くなっているような感じ』です。完全に寝てしまう方もいます。効き目は個人差がありますが、呼びかけると反応してくれる程度の鎮静濃度にします。処置中の事はほとんど覚えていない方が多いです。

Q:鎮静法は安全ですか?

静脈内鎮静法におけるトラブルで最も多いのは、鎮静剤の過量投与によるトラブルです。当院では、必要最小限の鎮静量を使用しております。また、当院院長はBLS、ACLSといった救命救急資格を受講済みです。全身麻酔症例経験は200症例以上、鎮静治療経験は1000症例以上あります。また、当院では緊急時に対応できる処置道具、薬剤はすべて準備しております。万全の体制で行いますのでご安心下さい。

Q:処置した後、帰れますか?

当院は日帰り鎮静ですので、基本的には処置後安全を確認したら帰宅いただきます。当院で使用している薬剤はプロポフォールと呼ばれる鎮静剤になります。プロポフォールは効きが良く、かつ切れも早いので日帰り鎮静に向いている薬です。ただし、薬剤は完全にはすぐに排出されないため当日は処置後できるだけ安静にしていただく方が良いかと思います。また、処置当日の車の運転などは許可できません。公共機関や知り合いの方に送り迎えを頼むなどをしていただく必要があります。

Q:費用はどれくらいですか?

当院における静脈内鎮静法の治療は保険適用外ですので、1回40000円(税抜)になります。処置代に関しては別途必要になります。例えば、静脈内鎮静法を使って親知らずを抜いた場合は、鎮静代40000円+抜歯代10000円(税抜)になります。智歯抜歯に関しては1度にする場合、本数に限らず10000円です。1本抜いても4本抜いても値段は変わりません。

静脈内鎮静法はあらゆる処置と併用して使用できます。普通の虫歯治療から、インプラントや抜歯などの外科治療まで用途は様々です。様々な不安を抱えて治療に進めない方は気軽に一度ご相談下さい☆