院長挨拶

はじめまして。みらい歯科クリニック院長の高畑和路(たかばたけかずみち)です。この度新たにみらい歯科クリニックを開院させていただきます。私の出身地でもあり、慣れ親しんだこの丸亀の地に、医療を通して恩返しをしたい。そんな思いで、日々の診療に励んでまいります。

私が歯科医師なった理由

私の叔父は歯科医師で、今でも丸亀市飯山町にて鈴木歯科クリニックを経営しています。私が幼い頃からかわいがってもらい、歯科医師という仕事に興味を持ったきっかけでもあります。

当時から叔父は、子供の私に歯科医師という仕事の面白さややりがいを話してくれ、そして子供の目から見ても本当に楽しそうに仕事をしていました。そんな姿にいつしか強いあこがれを持ち、大きくなるにつれごく自然に歯科医師になる道を選んでいました。

免許取得後、大学病院での経験を経て、私はある個人開業の歯科医院で働くことになりました。その医院は、叔父が院長を務める鈴木歯科クリニックでした。計5年間、憧れであった叔父と働くことができましたが、子供の頃に描いていた楽しく誇りを持った姿はそのままに、自分自身が専門的な知識を得たからこそわかる凄さ、技術的な面だけでなく、一人の大人としても更に深く尊敬の念を抱きました。それは、自分が叔父と同じ年齢になった時、同等の技術や患者さんからの信頼が得られてるかと考えると、少し不安になるほどでした。

そんな素晴らしいドクターの側で経験を積めたのは、今の私にとって極めて重要な時間となりました。

みらい歯科クリニック開業の経緯

はじめは叔父の仕事を支え、叔父が作った環境を通して地域医療に貢献したいと考えていました。しかし、自分に経験が積み重なっていく中で、「自分なりの、自分にしかできない医療を提供したい」という思いが強まりました。

そのためには、自分で選んだ場所で、自分で責任を持った環境が必要と考え、様々な方のご支援をいただき開業させていただく運びとなりました。

地元、丸亀への愛着

開業の話を考え始めたときから、丸亀市内でスタートすることは決めていました。私自身生まれ育った地元であり、私の妻も同地の育ちです。知り合いや馴染みの顔ぶれも多く、とても安心して過ごせる、私にとってもかけがえのない場所です。

また、医院のそばにある丸亀高校は私の母校で、3年間自転車で通学しました。当然良く知っている道、馴染みの風景があり、深い愛着を感じます。

丸亀のたくさんの方に支えられ、時に叱られ、たくさんの愛情をもらってここまでやってくることができました。そんな大切な地元に恩返しがしたいという気持ちはずっとあり、こうして開業という形で実ろうとしています。

見慣れた風景、よく知っている土地、家族がいて、友人がいる。特別なことはなにもない、心の休まる場所で、自分の持つ技術と知識が皆さんのお役に立つことを願っています。

口腔外科(親知らずの抜歯)は得意分野

私は口腔外科、特に親知らずの抜歯が得意です。その他にも事故の外傷等による、歯科小手術などは数多く経験してきました。口腔外科が得意になったのは、資格取得後3年間にわたり県立病院と大学病院で過ごした経験が大きく影響しています。

1年目は県立病院に勤務しました。ここではすべての歯科治療が毎日、大変多くの治療や手術が行われていました。一般的な治療はもちろんのこと、県内中から重篤な事例や緊急性の高いケースが数多く集まっていました。はじめは緊張感のある現場で大変な思いもたくさんしましたが、歯科の世界は経験が何よりの財産となるので、今思い返せば貴重な時間でした。

2年目は大学病院で経験を積みました。
ここでは医科の先生と一緒に、全身の疾患がある患者さんの管理や治療を経験しました。また医科レベルの麻酔についても、4ヶ月間にわたり医科のドクタ-と一緒に学ぶことができました。ここでの経験が、みらい歯科の有病者対応、全身管理が可能という治療スタイルにつながっています。

3年目はまた県立病院に戻り、緊急性の高い事例を多く経験しました。24時間待機状態で、緊急事態に備えるような診療を経験しました。ここでは本当に緊急度の高い診療が多く、緊迫した状況が本当にたくさん巡ってきました。嘘のような話ですが、年末年始によって歯を折ってしまった方などが本当に救急でいらっしゃいます。そんな環境では、いかにして安全な状態を確保して、患者さんに治療を提供するかが求められます。

この3年間の間に困難でもやるしかない状況、時間が限られている状況など、とても厳しい経験を積むことができました。今思い返すとかけがえのない財産であり、みらい歯科クリニックの治療品質の礎になる経験だったと思います。

患者さんが理解できること、納得できることの大切さ。

みらい歯科クリニックでは、患者さんの理解と納得をとても大切にしています。一見すると当たり前のことですが、実際にはなかなか形になっていないことも多くあります。
今現在も日本ではたくさんの歯科治療が行われていることでしょう。その品質や満足度を少しでも高く保つために、患者さん自身が治療を選べること、本心から納得できていることは何よりも優先すべきことだと思います。

また、治療をする側がされる側の気持ちをわかっているかも重要です。される側の気持ちを汲んだ提案、一方通行にならないコミュニケーションを通して、本当に必要な治療を必要な文だけ提供したいです。

歯医者さんのイメージを変えていきたい

以前、ある患者さんにインプラント手術をさせていただきました。その方は歯医者さんが嫌いで、はじめはインプラントもやむを得ず選ばれたという印象でした。しかし治療を終えてしばらくすると、「インプラントがこんなに良いものだと思っていなかった」といっていただき、大変満足していただけました。

ご本人は未だに歯医者さんが嫌いだとおっしゃっていますが、「先生が診てくれるから仕方なく来てるんよ」と言っていただけました。あの時は言い表しようのない嬉しさがありました。これからも同じように、安心して通っていただける患者さん、ファンになっていただける患者さんが増えてくれたらとても嬉しく思います。

院長プロフィール

みらい歯科クリニック 院長 高畑和路

みらい歯科クリニック 院長 高畑和路

略歴 2003 香川県立丸亀高校卒業
2010 徳島大学歯学部卒業
香川県立中央病院口腔外科初期研修医
2011 和歌山県医科大学付属病院口腔外科学内助教
2012 香川県立中央病院口腔外科後期研修医
2013 医療法人社団育成会鈴木歯科クリニック勤務
2018 10月23日みらい歯科クリニック開業
所属学会・資格 日本口腔外科学会所属
ITI会員
BLS取得
ACLS取得