根管治療

根管治療とはどういうものか

むし歯の症状が進行すると歯の根元にある歯根が菌におかされてしまいます。菌におかされた歯根を治療することを『根管治療』と呼びます。歯の内部には空間があり、その中に血管や神経といった組織が入っていますが、歯根が菌におかされているとその血管や神経を通って菌が身体中に入り込んでしまうのです。それを防ぐために根幹治療ではこの根管の部分を徹底的に清掃・消毒します。

根管治療が必要なときとは?

1.歯の神経が炎症を起こし、日常的に痛みを感じるとき

むし歯は進行具合によって出てくる症状が違いますが、何もせずとも日常的に痛みを感じるのなら、むし歯菌は歯髄にまで達していると考えることができます。神経が炎症を起こしているために痛みが出るのです。このような症状が出たら少しでも早く歯髄を取り除かなければなりません。そして空になった根管を丁寧に消毒し、隙間なく薬を詰めていきます。

2.神経を除去したはずの歯がそれでも痛むとき

通常であれば神経を取った歯は痛むことがありません。それでもそこに痛みが出るなら神経の奥にある根の部分で細菌が繁殖して炎症が起こっている可能性があります。このような症状でも根管を丁寧に消毒しなければなりません。

3.歯の根の先に膿が溜まったとき

神経がすでに死んでいたり、治療によって神経を取り除いたりした歯でもその根の部分に膿が溜まることがあります。根の内側で細菌が増殖することで膿が外側にまで出てしまっているのです。痛みを伴うときもあれば、痛みはないものの何か他の治療で顎のレントゲンを撮ったときに見つかるときもあります。放置すると膿が拡がる可能性があるため早い治療が必要となります。

4.白いニキビみたいなものが歯茎に出たとき

白いニキビみたいなものが歯茎にプツリとできることがあります。しばらくすると消えることもありますが、長時間残るようであれば中の根が腐り、溜まった膿が表に出てきていることが考えられます。レントゲンを撮り、膿だまりが確認できるようなら根幹治療をしなければなりません。

5.歯茎が腫れたとき

歯茎が腫れる原因は歯周病などいくつかありますが、根管の内部で膿が溜まっていることもあります。その場合にはやはり根管治療をしなければなりません。

根幹治療の治療手順

1.根管内部のものを取り除く

根管治療では根管の内部を空にする必要があります。そのため神経ごと歯髄を取り除きます。まだ神経が残っているなら麻酔が不可欠です。すでに神経を取り除いている歯なら過去の治療で施した被せ物や詰め物を取り外し、内部に詰めた薬も全て取り除いていきます。

2.根管内部をクリーニングする

根管内部を掃除していきます。ここでは通常、リーマーやファイルと呼ばれる専門の機器を使用します。奥の方に膿が溜まっている場合は膿の通り道をつくります。

3.数回にわたって根管を消毒する

根管内部がクリーニングされたら薬を用いて消毒をしていきます。通常は一回では終わらず、症状が治まるまで数回行います。

4.根管に薬を隙間なく詰める

根管内部に薬を隙間なく詰めていきます。ここで隙間が生じてしまうとそこに後から細菌が入り込み、根管治療をやり直さなければならなくなるときがあります。そのため根管治療においてこの作業は非常に重要となります。

根管治療は痛みが出るか

根管治療において、まだ神経が生きている状態なら麻酔をかけてから治療を開始します。そのため基本的には痛みは出ません。しかし神経の炎症の状態がひどい場合には麻酔の効きが鈍くなることがあります。
神経がすでに死んでいる歯やすでに神経を取り除いている歯なら痛みは出ないはずなので麻酔を用いずに治療を行うことがあります。しかし神経が一部残っている場合や炎症がひどい場合には麻酔を用いることがあります。

根管治療で使われる詰め物・被せ物

根管治療は最後に詰め物や被せ物を施します。これは細菌のさらなる侵入を防ぐためと噛むという歯本来の機能を取り戻させるためです。詰め物や被せ物は保険診療と自由診療、どちらかを選ぶことができます。
詰め物と被せ物の選択の違いは削った範囲によります。削った範囲が小さいなら詰め物、大きければ被せ物となります。

保険診療で提供されるもの

保険診療とは保険証の範囲内で提供される治療法のことです。患者様の負担は治療費の三割で済みますが、選べる素材が限られてしまいます。

詰め物

コンポジットレジン:歯と同じ色をしたプラスチックです。自然な仕上がりにできますが年数とともに変色していくことに注意が必要です。

銀歯:削った範囲が広めなときや強度が必要とされるときに用いられます。金属のため強度は確かです。

被せ物

硬質レジン前装冠(前歯のみ):プラスチックを金属フレームの上から貼り付けたものです。保険診療で前歯に被せ物をするときには一般的にこちらが選ばれます。年数の経過によって変色しやすいことや触れている歯茎に炎症を引き起こしやすいことに注意が必要です。

ハイブリッドセラミック:セラミックとプラスチックを混合させたもので強度があります。しかし強い力で噛むと割れたり欠けたりすることに注意が必要です。

銀歯:奥歯など噛む力が強くかかる箇所に用いられます。保険診療で適用される一般的な素材です。

自由診療

保険診療とは保険証の範囲内で提供される治療法のことです。患者様の負担は治療費の三割で済みますが、選べる素材が限られてしまいます。

詰め物

セラミックインレー:セラミックでできた詰め物です。見た目が自然で強度も保証されています。

被せ物

メタルボンドクラウン:セラミックを金属フレームに貼り付けたもので透明感、強度ともに優れています。

オールセラミッククラウン:セラミックで100パーセントできているセラミックの被せ物です。金属よりも強度は劣りますが、非常に自然な見た目を実現することができます。

根管治療に関して気をつけること

根管治療は歯科治療の中でも最も難しい治療だと言われています。それは歯の表面ではなく歯の内部を治療するために治療領域が限られている――つまり非常に繊細な技術が必要とされているためです。そのうえ根管の内部は肉眼ではなかなか見づらく、形状や長さも人によって異なります。中には内部でひどく曲がっている人もいます。そういった作業を丁寧且つ確実に行うためには歯科医の技術が必要とされます。根管治療を受ける場合には実績のある歯科医を訪ねることをおすすめします。またマイクロスコープを用いることで治療の成功率は上がるのでそれを導入している歯科医院も同じくおすすめします。
根管治療は治療自体が大掛かりであり、全てが終了するまでに長い期間を必要とすることがあります。そのため治療を敬遠したり、途中で諦めてしまう人がいます。しかし根管治療が必要となっている時点で症状はかなり重たいものだということができます。放置しているとさらにひどくなるため、なるべく早い治療をしなければなりません。